ラグ・カーペットの専門店 リビモネットはカーペット・ラグ・玄関マット等をメーカー直販。だからラグがお買い得、最短でお客様にお届けできます。

クッションフロア
ダイニングラグ
加工代無料敷き詰めカーペット
ペットのいる暮らしにおすすめラグ・カーペット
アトピー
○カレンダー

カーペットやラグについた汚れを落とす掃除方法

日々使うカーペットやラグに汚れはつきものですよね。
今回は生活の中でカーペットやラグについてしまった様々な汚れの落とし方を紹介します。
 

カーペットやラグについてしまった汚れは何?

カーペットについてしまう汚れもいろいろありますよね。

カーペットについてしまう汚れは大きく分けて3つあります。

ジュースや醤油などの、水溶性の汚れ
マヨネーズやクレヨンなどの、油性の汚れ
泥やガムなどの、その他の汚れ


この3つの汚れを見極めてカーペットについた汚れを落としていきましょう。
 

カーペットについた水溶性の汚れの落とし方

まずは水溶性の汚れを落とす方法を紹介します。

水溶性の代表的な汚れは

ジュース
醤油
牛乳
ソース
ケチャップ
ジャム
紅茶
コーヒー
墨汁
キャンディ(飴)

などがあります。
 

カーペットについた水溶性の汚れを落としてみよう

それではカーペットについた水性の汚れを落としていきましょう!
 

まず水溶性の汚れを吸い取ろう

まずカーペットを汚してしまった水溶性の汚れは乾いた布やティッシュで汚れが広がらないように、そっと吸い取ります。

少し固まっているものは、取れるだけ取り除きます。

カーペットに色がついたら、汚れは叩いて他の生地に移そう

乾いた布やティッシュで吸い取っても、まだ汚れは残っていますよね…

色のついているコーヒーなどは水で固く絞った雑巾やタオルで優しく叩いてカーペットから色を雑巾などに移しましょう。

この時、牛乳などのたんぱく質が入っている汚れだと、熱くなると固まって取れにくくなるのでお湯を使うのは控えましょう。

カーペットがきれいになるまでもう一息です!

中性洗剤で汚れをきれいにしよう

次に水で薄めた中性洗剤を使用します。
きれいな雑巾やタオルに薄めた中性洗剤を染み込ませ、汚れの中央に向かって優しく叩くようにして汚れを拭き取っていきます。

この時、強くたたきすぎるとカーペットの裏面に汚れが浸透してしまうので注意が必要です。

根気強く優しく叩くように、がポイントです。

カーペットについた洗剤を落とそう

このままだと、カーペットには中性洗剤がついたままの状態になってしまいます。

水を固く絞ったきれいな雑巾やタオルで中性洗剤を拭き取りましょう。

カーペットの裏面の汚れも確認しておこう

念のため、汚してしまったカーペットの裏面も確認をしておきましょう。

もし裏面に汚れが移ってしまっているときは、表面と同じように雑巾やタオルで優しく叩くように汚れを落としていきましょう。

 

カーペットについた油性の汚れの落とし方

次に油性の汚れを落とす方法を紹介します。

水溶性の代表的な汚れは

マヨネーズ
クレヨン
口紅
カレー
油を使った料理

などが身近にはあります。
 

カーペットについた油性の汚れを落とし方

それではカーペットについた油性の汚れを落としていきましょう!

まずかたまりの油性の汚れを取り除こう

まず、汚れがかたまりであれば、ティッシュやタオルで取り除きましょう。

とろみのあるような汚れも拭き取れるだけ拭き取りましょう。

カーペットについた油性の汚れはベンジンやアルコールで汚れを落とそう

油性の汚れは水に強いので、ベンジンやアルコールを使って落としていきます。

きれいな雑巾やタオルに少量のベンジンやアルコールを染み込ませ、汚れの真ん中に向かって叩くようにして汚れを落としていきます。

ベンジンやアルコールの使用中は火気厳禁です。
火に気をつけて使用してください。

ここまで来ると、かなりきれいになっていると思います。
汚れを完璧に落とすまで、もう一息です!

中性洗剤で汚れをきれいにしよう

水性の汚れと同じように中性洗剤を使用していきます。

ただし、油性の汚れの場合はお湯を使用したほうが汚れが落ちやすいので、お湯に中性洗剤を薄めます。

薄めた中性洗剤をきれいなタオルに染み込ませ、汚れの中央に向かって優しく叩くように汚れを落としていきます。

カーペットについた洗剤を落とそう

このままだと、カーペットには中性洗剤がついたままの状態になってしまいます。

最後にお湯で固く絞った雑巾やタオルで中性洗剤を落としていきましょう。

カーペットの裏面の汚れも確認しておこう

油性の汚れの時も、水性の汚れと同じように念のため、汚してしまったカーペットの裏面も確認をしておきましょう。

もし裏面に汚れが移ってしまっているときは、表面と同じように雑巾やタオルで優しく叩くように汚れを落としていきましょう。

 

カーペットについた、その他の汚れの落とし方

カーペットについてしまう汚れは他にもさまざまあります。

水性・油性以外の代表的な汚れの落とし方を紹介します。
 

カーペットについた泥汚れの落とし方

子どもやペットの足の裏についてきてしまう泥汚れも落としていきましょう。

カーペットについた泥を取り除こう

まず、スプーンやヘラなどでカーペットについてしまった泥を取り除いていきます。

「食事で使うスプーンを使いたくない!」
という方は、コンビニなどでもらえる使い捨ての木のスプーンを使うといいですよ。

カーペットの泥汚れを乾かそう

泥汚れは水分を持っていますよね。

泥の持っている水分をドライヤーでゆっくりと乾かしていきます。

いきなり熱くすると、カーペットが傷んでしまうので注意が必要です。

汚れの近くに手を置き、熱くならないようにしながら作業をしましょう。
 

カーペットが乾いたらブラッシングで泥をかき出そう

ドライヤーでゆっくりと乾かし完璧に泥汚れが乾いたら、やわらかいブラシでカーペットをブラッシングします。

泥は乾いてしまえば、砂みたいになりますよね?
ブラッシングをし、カーペットから落ちた泥汚れを電気掃除機で吸い取ってしまいましょう。

残った色の汚れは中性洗剤できれいにしよう

どうしても残ってしまった汚れは中性洗剤を使って叩くように落としていきます。

この時、強くたたきすぎるとカーペットの裏面に汚れが浸透してしまうので注意が必要です。

根気強く優しく叩くように、がポイントです。

カーペットについた洗剤を落とそう

このままだと、カーペットには中性洗剤がついたままの状態になってしまいます。

水を固く絞ったきれいな雑巾やタオルで中性洗剤を拭き取りましょう。

カーペットの裏面の汚れも確認しておこう

念のため、汚してしまったカーペットの裏面も確認をしておきましょう。

もし裏面に汚れが移ってしまっているときは、表面と同じように雑巾やタオルで優しく叩くように汚れを落としていきましょう。

 

カーペットについたガムの取り方

ふとした瞬間に口からこぼれ落ちたガムがカーペットに…
なんてこともありますよね

そんなガムの落とし方もあるんです

カーペットについたガムは冷やそう

ガムは冷やすと固まる性質があります。

そこで氷を使ってガムを固めて取っていきましょう。

固まったガムをカーペットからはがす

冷やして固まったガムをスプーンやヘラではがしていきます。

この時、室温や手の温度でガムが柔らかくなることもあるので、時々氷で冷やすといいでしょう。

カーペットに残ってしまったガムはベンジンで落としましょう

冷やして取り除いた以外にも、カーペットには小さく残ってしまうガムがあります。

この時はきれいな雑巾やタオルにベンジンやアルコールを含ませ、優しく叩いて落としましょう。

ベンジンやアルコールの使用中は火気厳禁です。
火に気をつけて使用してください。
 

カーペットについた血液の取り方

怪我や生理などでカーペットに血液がついてしまうこともあります。

そのような時もしっかりと対処すればカーペットから血液を落とすことができます。

カーペットについた血液はアルカリ性石鹸で落とそう

血液は熱すぎたり、冷たすぎると固まってしまう性質があります。

そこで血液汚れには、アルカリ性の石鹸を人肌程度のぬるま湯に溶かし、固く絞った雑巾やタオルを使用します。

雑巾やタオルを優しく叩いてカーペットについた血液を移し取っていきます。

カーペットについた石鹸を落とそう

このままだと、カーペットには石鹸がついたままの状態になってしまいます。

人肌程度のぬるま湯で固く絞った雑巾やタオルで石鹸を落としていきましょう。

カーペットの裏面の汚れも確認しておこう

念のため、汚してしまったカーペットの裏面も確認をしておきましょう。

もし裏面に汚れが移ってしまっているときは、表面と同じように雑巾やタオルで優しく叩くように汚れを落としていきましょう。

また最近では血液汚れ用洗剤もあるので使ってみるのもオススメします!
 

カーペットについた時間が経った汚れの取り方

どうしてもその時に汚れたカーペットを掃除できないときもありますよね。

時間が経ってしまった汚れが水性か油性か、その他なのかを見極めて掃除をしていきましょう。

まずはカーペットについた汚れを湿らそう

カーペットについた時間の経った汚れは、濡れタオルを置いて湿らしてみましょう。

この時に、
濡れタオルに汚れが移れば水性の汚れ
濡れタオルに汚れが移らなければ油性の汚れ
と判断して大丈夫です。

汚れがどんな性質なのかわかれば、上に書いた方法で落としていけますね!
 

それでもカーペットの汚れが落ちないときは…

ここに書いてある方法でも汚れが落ちないときは…

クリーニング業者さんや、専門業者にお願いをしましょう。

「(市区町村) カーペット クリーニング」などでインターネット検索をすると出てきますよ。



カーペットが汚れてからでは遅い!
ということで、当店では、撥水加工をしたダイニングラグや、汚れに強いクッションフロアも用意しているので、ご覧になってくださいね。